乾癬(かんせん)

乾癬(かんせん)とはどういう病気?

乾癬とは、皮膚に紅斑(血管拡張や充血が真皮内に起こり赤くなった状態)ができ、次第にその表面が銀白色の細かいかさぶたで覆われ、それがフケのようにボロボロとはがれる皮膚の病気です。
炎症性角化症の代表的な病気が乾癬(かんせん)であり、その症状によって5つのタイプ(尋常性乾癬、関節性乾癬、膿疱性乾癬、滴状乾癬、乾癬性紅皮症)に分けることができます。
最も多いタイプが尋常性乾癬です。
日本の乾癬患者数は10万~20万人とされており、欧米の10分の1程度です。
男性のほうが女性より多いといわれ、発症しやすい年齢は男性が30代~40代、女性が20代です。
乾癬の原因は解明されていませんが、細菌やウイルスによって起きる病気ではないので、ほかの人に感染する心配はありません。

乾癬の症状とは?

乾癬の皮膚では、体内の免疫バランスの異常が起こり、皮膚の細胞が過剰に増殖して健康な皮膚に比べて10倍以上の速度で生まれ変わります。
そして過剰につくられた皮膚は積み重なって盛り上がり、表面を銀白色のかさぶたのように覆い、最後はポロポロとはがれ落ちます。
また、炎症性の細胞が集まり活性化するため、毛細血管が拡張し皮膚が赤みをおびた状態になります。
主な皮膚症状には、紅斑、肥厚、鱗屑があり、これらが複合的にあらわれることがほとんどです。

乾癬の治療法について

「紅斑(皮膚の赤み)の主な原因である炎症を抑えること」と、「鱗屑(銀白色のフケのようなもの)の主な原因である皮膚の細胞が過剰に作られることを抑えること」の2つがあります。

治療方法は大きく分けて「外用療法(塗り薬)」、「光線療法(紫外線照射)」、「内服療法(飲み薬)」、「生物学的製剤(注射または点滴)」の4種類です。また、2012年に膿疱性乾癬に対して「顆粒球単球吸着除去療法(かりゅうきゅう たんきゅう きゅうちゃくじょきょりょうほう)」が保険適用となっています。
乾癬には5つの種類があり、また、患者さんそれぞれで症状の出かたや重症度が異なります。
そのため、各治療方法を単独もしくは組み合わせて行っていきます。

治療の効果や副作用、患者さんのライフスタイルなどにより、治療方法が選ばれますので、主治医に症状をしっかりと伝え、治療目標や希望をよく話し合い、乾癬と上手に付き合っていくことが大切です。