ニキビ

ニキビとはどういう病気?

にきびとは、医学的には「尋常性ざ瘡」と呼ばれ、皮膚の毛穴に炎症を起こす病気のひとつです。
皮脂の分泌が盛んになる思春期以降、9割以上の人はにきびを経験しているといわれており、13~18歳ぐらいまでにできるにきびを「思春期にきび」、それ以降にできるにきびを「大人にきび」と呼んで区別することもあります。
ちなみに、大人にきびは吹き出物とも呼ばれます。

ニキビとはどういう病気?

にきびとは、医学的には「尋常性じんじょうせいざ瘡そう」と呼ばれ、皮膚の毛穴に炎症を起こす病気のひとつです。
皮脂の分泌が盛んになる思春期以降、9割以上の人はにきびを経験しているといわれており、13~18歳ぐらいまでにできるにきびを「思春期にきび」、それ以降にできるにきびを「大人にきび」と呼んで区別することもあります。ちなみに、大人にきびは吹き出物とも呼ばれます。

ニキビができる原因について

ニキビができる原因は、性ホルモン、皮脂分泌の増加、毛穴のつまり、アクネ菌の増殖が関係しています。
ニキビは、性ホルモンの影響で皮脂腺が発達し、皮脂が多すぎたり、毛穴の出口がつまったりすることで、毛穴の外に皮脂が出られずにたまってしまうことから始まります。
この状態をコメド(面ぽう)(白ニキビや黒ニキビ)と呼びます。
コメドの内側は、アクネ菌にとって温床環境になっているので、コメドの中で菌はどんどん増えていきます。
増えすぎた菌に対抗するために免疫が働いて炎症を起こすことで、ニキビは赤く腫れあがっていきます。

ニキビの症状とは?

にきびの最初の段階が面ぽう(皮脂が毛穴にたまった状態)です。
皮脂の分泌が活発な部位の皮膚(額や顎、頬、胸や背中など)にポツポツとした膨らみができます。
毛穴の先が閉じている面ぽう(白ニキビ)と、開いている面ぽう(黒ニキビ)があります。

アクネ菌が面ぽう内で増殖して炎症が起こると、悪化して赤みをもった発疹(赤ニキビ)となったり、膿をもった発疹(膿疱、黄ニキビ)になります。
通常はこれらのさまざまな段階のにきびが混じり合ってみられます。

さらに炎症が拡大、進行すると、皮膚の下に膿がたまったり、皮膚が硬く盛り上がったようになることもあります。
炎症が長引いたり強かったりする場合、治癒後に凸凹したニキビ跡が皮膚に残ります。

ニキビの種類について

ニキビの種類には様々ありますが、状態によって呼び方や治療方法も違います。
そして、ひとりの患者さんの肌には色んな状態のニキビが混在しています。

ニキビが重症化するとどうなる?

炎症が始まったニキビに細菌が残留し続け、過剰分泌される皮脂と反応してニキビが治りにくい状況が続きます。
炎症が繰り返されると、毛穴内部の構造は続々と破壊され、皮脂がさらに詰まりやすい状況になり細菌の温床になります。
この「炎症を起こす→毛穴の構造が破壊される→さらに皮脂がつまり細菌の温床になる」という繰り返しが重症のニキビが発生する仕組みです。

ニキビの改善と予防法について

  1. 丁寧にスキンケアを行う
    1日2回、刺激の少ない洗顔料をよく泡立ててやさしく洗いましょう。すすぎ残しがないように、ぬるま湯でしっかりすすぐことが大切です。
    スクラブ入りの洗顔料など、刺激が強いものでゴシゴシこするとニキビを悪化させてしまうので避けましょう。洗顔後は清潔なタオルで皮膚をこすらずに水分を拭き取ります。
    また、皮膚が乾燥してバリア機能が低下すると、外部刺激を受けやすくなり、ニキビの原因ともなりかねません。乾燥しやすい部位は適切な保湿を心がけるようにしましょう。

  2. 十分な睡眠をとる
    睡眠不足は、ニキビを悪化させると考えられています。皮膚の回復を助ける成長ホルモンは、夜寝ているあいだに分泌されます。朝起きたら太陽を浴びて体内時計をリセットし、夜の自然な眠りにつなげましょう。

  3. 室内の乾燥を避ける
    室内が乾燥すると、皮膚も乾燥してバリア機能が低下してしまいます。過剰な皮脂の分泌を抑えるためにも湿度を保つようにすると良いでしょう。

  4. 皮膚に刺激を与えない
    ゴシゴシと擦るような洗い方をしたり、髪が当たるなど、皮膚への刺激が多いとニキビが悪化しやすくなります。また、むやみにニキビを触らないことも大切です。

  5. 肌にふれるものの清潔を保つ
    手だけでなく、ヒゲ剃りや、タオル、枕カバー、シーツなど、肌に直接触れるものは常に清潔な状態を保ちましょう。

  6. 栄養バランスのとれた食事を心がける
    朝食を抜いたり、無理なダイエットなどで栄養が偏らないように気を付けましょう。栄養バランスを意識して一日三食を規則正しく摂りましょう。ビタミンの摂取は、ニキビの予防に役立ちます。

ニキビの治療法について

病院でにきびの治療を受ける場合、主に以下のような方法があります。
具体的にどの方法を用いて治療するかは、にきびの様子や状態によって異なります。

外用薬(塗り薬)

にきび治療における塗り薬は、炎症を抑える成分や抗菌作用のある成分含まれたものが主に用いられてきましたが、角質増加に対する効果がないため、これらが単独では使用されることは減ってきました。
角質を柔らかくして毛穴詰まりを抑えるアダパレン外用薬と併用されることが多いといわれています。
さらに、過酸化ベンゾイルという成分の入った薬が2015年に登場しました。
殺菌力と皮脂の過剰分泌を抑える効果があり、海外では古くから使用されてきた成分です。
それと共に角質を取り除く効果も持っているため、日本でも好んで使用される薬になりました。

内服薬(飲み薬)

飲み薬では主に抗菌薬として、アクネ菌を抑える効果が期待できるテトラサイクリン系薬剤が使用されます。
そのほか、皮脂の分泌を抑えるビタミンB2やB6、ビタミンCが含まれたビタミン剤、炎症を抑える薬などが処方されることもあります。

また、にきびができやすい体質の改善を目的として漢方薬が用いられることもあります。
漢方は種類が多いため自分に合うものを選ぶ必要があります。